だんだんと夏が近づいてきて暑い日が続いていますね。

そんな日はいつもと比べると食欲が少し落ちてしまいます。

そんなときに重宝するのは「お酢」です!

お酢は体にいいので料理に積極的に取り入れている人も多いと思います。

 

ですが、ここで疑問です。

お酢やポン酢って何歳から与えていいのでしょうか?

離乳食の時期の赤ちゃんにも使用してよいのでしょうか。

詳しく紹介していきたいと思います。

お酢やポン酢は何歳から食べていいの?

お酢は、便秘解消、ダイエット、疲労回復などたくさんの効果をもっています。

そんなお酢。実は大人でも空腹時に摂取してしまうと胃が荒れてしまうことがあります。

では、何歳からなら食べていいのでしょうか。

 

赤ちゃんは大人と比べるとまだまだ発達していません。

なので、胃を刺激してしまうお酢などの酸性のものは9ヶ月以降にしてください。

そして、少量だけにしましょう。

 

与える最初の時には、そのまま与えるのではなく、

リンゴの切り口に振りかけることから始めてくださいね。

そうすることによってリンゴの甘さでそこまで酸味を感じません。

 

赤ちゃんにポン酢を与えていいタイミングは??

ポン酢などの酸性のものは9ヶ月以降に少量ずつ与えていいことが
わかりましたが、他の調味料はいつ赤ちゃんに与えてよいのでしょうか。

「これ今の時期にあげてもいいのかな?」「大丈夫かな」
と悩んでいるママさんたくさんいると思うので、まとめてみました♡

 

・酢

特に無理に与える必要はないが9ヶ月以降に少量ずつならok。

 

・ポン酢

お酢と同じで9ヶ月~数滴から。

なるべく市販のものより手作りのほうがいいですね。

レモン汁にしょうゆを混ぜたものがおすすめです♡

 

・ケチャップ

味付けしていないピューレであれば5ヶ月頃から与えてもok。

でも、ケチャップは味が濃く、塩分なども含まれているので

なるべく7ヶ月以降で少量ずつ与えるようにしてください。

9ヶ月を過ぎれば小さじ1位ほどなら大丈夫です。

 

・マヨネーズ

9ヶ月以降から与えてもokです。

ですが、マヨネーズは卵を使用しているのでアレルギーが気になるところです。

なるべく1歳になるまでは少し加熱したものをあげるようにしてください。

卵アレルギーが気になる場合には、医師に相談するようにしてくださいね!

 

・みりん

アルコールが含まれているので必ず煮立たせることが大切!!!

アルコールを飛ばしてから与えるようにしてください。

糖分も含まれているのであまりあげないように少量だけにしてください。

与えてもいいのは7ヶ月~です。

 

・料理酒

みりんと同じように7ヶ月~与えても大丈夫です。

注意してほしいのはみりんと同じくアルコールが含まれているので

必ずアルコールを飛ばしてから与えてください!!

無理に使用する必要がないのであれば無理して使うことはありません。

 

ポン酢を使った離乳食レシピ♡

離乳食時期の赤ちゃんも食べられるポン酢を使った

レシピをいくつか紹介していきたいと思います~♪

 

「いつもの味付けに少し飽きてきたかな・・」

「少しだけ味が変わったらたくさん食べてくれるかな・」

と、悩んでいるママさんよかったら試してみてください♡

 

1.ごま和え

材料

・ニンジン 20g

・インゲン 15g

・豚ひき肉 15g

・すりごま 小さじ1

・ポン酢 小さじ2

・だし 200ml

 

作り方

1.ニンジンとインゲンを包丁で適当な大きさに切る

2.鍋にだしを入れて温める

3.ニンジン、インゲン、豚ひき肉を加えて柔らかくなるまで煮込む

4.3の具材のみをフードプロセッサーにいれる

5.5mm以上の固形がなくなるまでミキサーする

(水分はいれない)

6.5にポン酢とすりごまを加えて混ぜ合わせて完成♡

2.もずくとオクラのポン酢和え(離乳食完了期から)

材料

・もずく 大さじ1

・オクラ 2本

・ポン酢 小さじ1/4

 

作り方

1.オクラは塩でこすってよく洗っておく

2.沸騰したお湯で3分ほど茹でて、ザルにあげておく

3.もずくを2㎝位の長さに切り熱湯でさっと茹でる

4.茹でて水にさらして冷ましておく

5.オクラが冷めたら食べやすい大きさに切る

6.5をもずく、ポン酢と和えて完成♡

3.ひじきの豆腐ハンバーグ

材料

・生ひじき 100g

・ニンジン 1/2本

・木綿豆腐 1パック

・豚ひき肉 150g

・塩    小さじ2

・片栗粉  大さじ2

・ごま油  適量

・ポン酢  適量

 

A

・水    100cc

・酒    大さじ1

・砂糖   大さじ2

・しょうゆ 大さじ1

 

作り方

1.ひじきとニンジン(みじん切りにしておく)をAと一緒に煮る

2.ボウルに水を切った豆腐、豚ひき肉、1を混ぜる

3.塩、片栗粉も入れてよく混ぜる

4.食べやすいサイズに形を整えてごま油で焼く

5.表面を軽く焼いて蓋をして3分程蒸し焼きにする

6.ポン酢をかけて完成♪

最後に

ミルクや母乳だけ飲んでいた赤ちゃんも成長していくうちに

離乳食に移行し、だんだんと大人と同じものを食べていきます。

料理を作っているときに「あれ、この調味料はもうあげてもいいのかな?」

と悩むときがあると思います。

お酢以外にも、みりんや料理酒はアルコールを飛ばして与えるなど
しっかり把握して子供に与えるようにしてくださいね♡

食関連の関連記事
  • 釜玉うどん・讃岐うどん・地獄炊きの違いとは?それぞれどんな味?発祥地や由来も徹底解説!
  • 【保存版】すき焼き風煮は日持ちする?賞味期限やおススメ保存法は?
  • 石焼ビビンバに合うおかずとは?おススメのおかず8選!
  • 【保存版】甘栗の上手なむき方は?中身を壊さないでむく方法をお伝えします
  • 鳥の手羽先の気になる栄養分とカロリーは?手羽先はダイエット向け料理って本当?
  • かんずりとは?味やカロリーは?おススメの使い方を伝授!
おすすめの記事