微粒酸化ケイ素といわれると「なんのこと?」と思うかと思いますが、シリカゲルといわれるとほとんどの人が聞いたことあるのではないでしょうか?

お菓子などの袋にもシリカゲルが入っていますよね。

 

シリカゲルは身近なものですが、実際のところはどんな性質、用途があるのでしょうか?

安全性や副作用についても併せてご紹介します。

微粒酸化ケイ素(シリカゲル)とは?

シリカゲルは地球の外表に大量に存在しているケイ素からつくられています。

ケイ素を化学反応させた物質がシリカゲルになります。

 

シリカゲルは表面にミクロサイズの穴(細孔)が無数に空いている(多孔質構造)ことから、吸湿性が非常に優れています。

不快な臭いも吸着し消臭、室内の湿度調整、空気を綺麗にする効果などもあります。

一度使用しても繰り返し使えるのも特徴です。

 

シリカゲルには「A型シリカゲル」と「B型シリカゲル」の2種類があります。

どちらも多孔質構造ですが、細孔の表面積や特性が異なります。

そのため使用目的によって向き、不向きがあるので用途によって使い分けます。

 

A型シリカゲルは低湿度のときに吸湿力が優れ、吸湿容量いっぱいいっぱいまで吸湿し、150℃以上で放湿します。

レンジで温めたり、フライパンで炒ったりすることで再び使えるようになります。

 

B型シリカゲルは高湿度のときに吸湿力が優れ、湿度を約60%に調整し、湿度が下がると自力で放湿します。

天日干しをすることで再び使えるようになります。

シリカゲルの安全性や副作用

 

シリカゲルは胃腸ではほとんど吸収されません。

成人の経口摂取による推定致死量は15g/kg以上だそうです。

そのためお菓子などの袋に入っている包装単位のシリカゲルでは誤飲してしまっても中毒症状は発症しないといわれています。

 

誤飲してしまったとき、少量であれば特別な処置は必要ではないそうです。

大量摂取の場合でも自然排便で問題ないか、下剤で排泄促進をします。

目に入ってしまった場合は流水で洗浄します。

 

シリカゲルは二酸化ケイ素からつくられていますが、二酸化ケイ素は食品添加物にも活用されています。

体内で吸収しないことから基本的には毒性がないと考えていいかと思います。

 

シリカゲルに多量の水をかけると発熱する性質があります。

捨てるときは生ごみなどと分けておくのがいいですね。

多少水がかかった程度では火傷するほどの高温が発生するわけではありませんし、発火の恐れはありませんが気を付けてください。

 

シリカゲルを構成している成分は土壌にも多く含まれているケイ素であるため、ごみとして廃棄しても環境汚染することがありません。

そのまま土壌へ還るため環境に優しい素材です。

シリカゲルの用途・使い方

B型シリカゲルは10kgで3000円ほど。

B型シリカゲルは押し入れやクローゼット、シューズクローク、洗面所、脱衣所など湿気が溜まりやすい場所においておくと湿度をちょうどよく調節してくれるので助かります。

梅雨や夏はどうしても蒸してしまうのでそういった空気の流れが悪いところにB型シリカゲルを置いておくといいですね。

消臭効果も高いので、靴やキッチン、脱衣所の嫌な臭いも消してくれます。

 

シリカゲルを自宅の至るところに置きたい場合、洗濯ネットやお茶パック、穴をあけたプラスチック容器などに入れておくと便利です。

我が家では梅雨や夏にはベッドの下に洗濯ネットに入れたシリカゲルを置いています。

マットレスをしょっちゅう持ち上げなくても湿気が溜まってカビたりしないので助かっています。

 

他にはグラスフラワーをつくるときに必ずA型シリカゲルを使います。

シリカゲルを使うことで1分ほどで生花がドライフラワーになるので重宝します。

ドライフラワーをつくるときはシリカゲルが大量に必要になるので、シリカゲルを再生させるのにはフライパンで炒った方が早いです。

 

猫を飼っている家庭では猫用のトイレにシリカゲルを使うこともあるようです。

消臭効果も高く、排泄物の水分を吸湿してくれることから長時間自宅にいないときでもトイレを綺麗な状態を保てるそうです。

シリカゲルを食べてしまう個体もいるかと思うので、注意して使用しましょう。

まとめ

 

・シリカゲルは二酸化ケイ素からできている。

・A型、B型シリカゲルは用途によって使い分ける。

・体内に吸収されないため毒性はない。

 

シリカゲルといえば必ず「食べないでください」と表記されているので毒性があるのかと思っていましたがそういうわけではないようですね。

大量摂取は影響を及ぼす恐れがあるということで食べないようにと表記されているようですね。

「危ないかも?」と敬遠していた方も、自宅の湿気取りなどに非常に優秀なのでぜひ使ってみてください。

食関連の関連記事
  • 釜玉うどん・讃岐うどん・地獄炊きの違いとは?それぞれどんな味?発祥地や由来も徹底解説!
  • 【保存版】すき焼き風煮は日持ちする?賞味期限やおススメ保存法は?
  • 石焼ビビンバに合うおかずとは?おススメのおかず8選!
  • 【保存版】甘栗の上手なむき方は?中身を壊さないでむく方法をお伝えします
  • 鳥の手羽先の気になる栄養分とカロリーは?手羽先はダイエット向け料理って本当?
  • かんずりとは?味やカロリーは?おススメの使い方を伝授!
おすすめの記事
三味線の三味って何?意味と由来は?
雑学
 三味線は伝統がある日本の弦楽器。 日本の伝統楽器ではありますが、多くの人は日常的にはあまり関りのないものなのではないでしょうか?  三味線...