目の周りや頬にできることが多い白いプツプツとしたものに悩んでいませんか?
顎や鼻先、顔や体中のどこにでもできる可能性があります。そして消えたと思っていても、忘れたころにまた現われたりしていませんか?

ニキビのような赤身はなく、白いプツプツとしたものです。大きさは1ミリから2ミリ位で、白く皮膚が盛り上がっています。いったいこの正体は何でしょう。顔だから隠すこともできないし気になりますよね。女性の場合凹凸まではメイクで隠しきれないため悩む人も多いようです。

今回はこの白いプツプツの正体と綺麗にするための対処法を解説していきます。

ほっぺの白いプツプツの正体


目の周りや頬、顎や鼻先に多くできるという1ミリから2ミリほどのプツプツとしたもの。自覚症状は特になく傷みも痒みもない。そんな症状に悩んでいませんか?

その正体は「稗粒種(はいりゅうしゅ)」かもしれません。「ひりゅうしゅ」とも呼ばれます。稗粒種は角質など皮膚の老廃物が詰まったものだと言われています。
特に顔といった皮膚が薄くてデリケートな部分にできやすいのが特徴です。

稗粒種についてより詳しく説明していきましょう。

稗粒種(はいりゅうしゅ・ひりゅうしゅ)とは

稗粒種とは毛穴の奥のほうにある毛包(もうほう)や皮脂腺が未発達の場合に角質が溜まってしまったものです。

稗粒種は新生児の鼻や顔によくみられますが年齢に関係なく子供から大人までみられます。放置していても健康上は何ら問題もありません。自然に治癒します。新生児の場合はだいたい2~4週間でなくなります。

成人の場合は美容的に見た目が気になり問題になります。その場合は皮膚科や整形外科で治療を受けることができます。

稗粒種の発症原因はわかっていませんが、「原発性」と「続発性」の2種類があります。

原発性稗粒種

新生児や若い人に多く突然発症することが多いです。原因は特定されていませんが、稗粒種の9割以上が原発性稗粒種だといわれています。

続発性稗粒種

外的要因によるもの。ステロイド外用薬などを長期間に使用したり、外傷や火傷などによって汗腺がふさがれ稗粒種の発症の原因となる場合があります。

外的要因による稗粒種は人間の全身の体表面に分布しているエクリン腺と呼ばれる汗腺が詰まったものです。人間がかく汗のほとんどがこのエクリン腺から出る汗です。これはケラチンと呼ばれる細胞骨格で上皮細胞の中間径フィラメントを構成するタンパク質が詰まった嚢胞(のうほう)です。

稗粒種が発症しても健康上に問題がないことから、稗粒種についての原因究明というような特別な研究などはされていないようです。

また稗粒種が発症しやすい人、発症しにくい人、発症しても少しだけ、または気になるほど多く発症する人などさまざまです。

稗粒種の治療


稗粒種の治療は皮膚科か整形外科へ行きましょう。治療の方法はその医院によって違います。

皮膚を切って詰まったものを取り出す方法
保険診療で行えます。
まず注射針のような細い針を使って皮膚を切ります。そして専用の圧出機器を使用して角質となったものを取り出す方法です。
*あまりにも小さいものは取り除くのが難しい。
炭酸ガスレーザー治療
稗粒種が多い場合に適した治療方法です。保険診療が適用外の場合があります。
皮膚の表面にレーザーを照射した後に、専用の圧出機器を使用して角質となったものを取り出す方法です。治療は短時間で済み、一度に多くの稗粒種除去が可能です。傷跡も残りにくいです。

稗粒種の治療方法として代表的な二つを紹介しました。これらの他にも液体窒素を使用した治療方法などもあるようです。

潰したり自己処理をすると傷口から雑菌が入ってしまい、かえって炎症をおこしやすくなってしまいます。稗粒種を悪化させてしまうだけでなく他の感染症の原因にもなります。傷跡も残りやすいので自己処理は控えるようにしましょう。

稗粒種は特に治療をしなくても、そのまま様子をみていれば数週間で自然治癒するものが多いです。なかにはどんどん大きくなったり、数が増えたりする場合もあります。そういう時は皮膚科が整形外科へ行って診てもらいましょう。

日頃から稗粒種の予防対策には、どのようなことを気をつけていればよいのでしょうか。次に稗粒種対策のスキンケア方法を説明していきます。

稗粒種予防のスキンケア方法


稗粒種は汗腺のつまりからできるものがほとんどです。汗腺や皮膚の表面を清潔に保つようにしましょう。ターンオーバーを整えるのも効果的です。

年齢とともにお肌のターンオーバーも悪くなっていきます。自宅でできるスキンケアとしては「ピーリング」が最もおすすめです。「ピーシング」というのは古くなった角質を剥がしてお肌をつるつるにするスキンケア方法です。

ドラッグストアなどでピーリングジェルなどの化粧品を購入することができます。適量のジェルをお肌の表面で指先を使い軽く、くるくると円を描くようにマッサージするだけです。古くなった角質がボロボロと出てきて落ちていきます。

ピーリングは毎日することはできません。そして成人の稗粒種予防には古い角質を除去することが重要になってきます。そこで毎日の洗顔にはスクラブ入りやエチレンやグリコール酸を含んだ洗顔料を使用しましょう。角質除去がおおいに期待できますよ。

ターンオーバーを正常に保ちお肌の状態がよくなれば稗粒種の予防にもつながります。やりすぎると乾燥の原因になったり、お肌を傷つけ逆効果になってしまう恐れがあるので注意しましょう。

まとめ

  • 白いプツプツの正体は稗粒種(はいりゅうしゅ・ひりゅうしゅ)。
  • 毛包や汗腺に溜まった角質が原因。
  • 皮膚科もしくは整形外科で治療が可能。
  • 自宅でピーリングなどのスキンケアによって稗粒種対策をしましょう。

お肌のターンオーバーは年齢とともに悪くなってきます。自宅で簡単にできるスキンケアとして、ピーリングは最も効果的だと思います。
ピーリングの後はしっかり保湿をし、お肌の状態をベストに保つようにしましょう。そうすることで稗粒種だけでなくニキビや乾燥といったお肌のトラブルが改善されます。

美容の関連記事
  • 【必見】ほっぺ の白いプツプツの正体は? 綺麗にするための対策法
  • 話題のオーダーしみかくシートはどう使う?気になる値段や販売店を紹介!
  • 目が大きい人の印象は「モテる」!?目を大きく見せる方法を解説!
  • 一重まぶたで美人・ブスになる違いは? モテる一重まぶたの特徴とは?
  • 一重でもおフェロメイクが似合う人の特徴とは?一重を活かしたおフェロメイクのやり方
  • 日本人の平行型二重は珍しい?遺伝が関係しているって本当?
おすすめの記事