お肉は種類が沢山ありますね。

牛肉、豚肉、鶏肉、これ以外にも様々な種類のお肉があります。

今回は牛肉のご紹介です。

そして牛肉の中でも調理しやすく食べやすい部位とも言われる牛バラ肉。

牛バラ肉の特徴や気になるカロリーはご存知ですか?

牛バラの特徴を、おいしい食べ方とおすすめのレシピを合わせてご紹介いたします。

牛バラ肉の特徴


牛肉の部位、すべて把握できていますか?

一つ一つ紹介してといわれたらそれは難しいですよね。

ここでは牛バラ肉の特徴、カロリーについて詳しく解説します。

実はとても重要な栄養素が詰まった食材なのです。

牛バラ肉に含まれる3大栄養素の一つ たんぱく質

たんぱく質は体を作るうえで最も必要な栄養素です。

血液を作り、肌の調子を整え、内臓を作る、重要な役割を持っています。

髪の毛やまつ毛、爪などを綺麗に保つためにも欠かせない栄養素です。

コラーゲンもたんぱく質の一種なので、こうして肌に栄養を与えてくれるのです。

たんぱく質が不足してしまうと体力が衰え、すぐに疲れやすい体質になってしまいます。

免疫が落ちてしまうため、風邪をひきやすくなり、ケガをした際の傷の治りも遅くなります。

体調、傷の回復にはたんぱく質が必要なので、たんぱく質は積極的にとるようにしましょう。

また牛肉にはヘム鉄が含まれており、貧血予防もしてくれます。

鉄分は普段の生活でかなり重要なので積極的に摂る必要があります。

鉄分が不足すると立ちくらみや、めまいになることがあげられます。

野菜は海藻にも鉄分は含まれていますが非ヘム鉄なので牛肉よりは吸収がよくないのです。

牛肉は野菜などの非ヘム鉄と比べて約10倍の吸収率なので、栄養をしっかり摂ることができますね。

牛バラ肉のたんぱく質はかなり重要な栄養素ということがわかりますね。

牛バラ肉はビタミンBが豊富

牛肉にはビタミンBが多く含まれています。

その中でもビタミンB2が美容ビタミンであり、肌の調子を整えてくれます。

乾燥から肌を守り、肌荒れ防止にもなります。

腰痛や肩こりもビタミンB2が効果的なのでおすすめです。

野菜から栄養を取るのもいいですが、ビタミンB2も牛肉から栄養をとった方が吸収がよく、効能がいいのです。

化粧ノリが悪いなあ、と最近感じている女性はビタミンB2不足かもしれませんね。男性も肌を綺麗に保つために必要な栄養ですよ。

もちろん牛肉だけではなく、野菜もしっかり食べましょうね。

合わせて食べることによって効果それらの効果が高まるのです。

牛バラ肉の気になるカロリーは?


牛バラ肉のカロリーは100gあたり517kcalのため、牛肉の他の部位と比べてカロリーが高めです。

バラ肉は脂身が多い部分にはなるので、食べ過ぎには気を付けましょう。

栄養はしっかりあるので、定期的に食べることが奨められているのですね。

ダイエット中でも食べすぎなければ、栄養をとることができるのでおすすめです。

私もバラ肉はカロリーが高いので頻繁には食べませんが、栄養が豊富なので定期的に食べるように心がけています。

食べるときはサラダで腹ごしらえしてから食べるとさらに吸収しやすくなります。

牛バラ肉のおいしい食べ方を伝授!


牛バラ肉の特徴がわかってきたところで、おいしい食べ方についてご紹介いたします。

牛バラ肉は赤身と脂身、この二つが層になっているのが特徴です。

柔らかい部位ではあるので、食べ方としては、焼肉やすき焼き、肉じゃがにして食べるとおいしいです。

バラ肉なので調理しやすいのも特徴です。

スーパーにも必ず置いてある部位なので入手しやすいですよね。

自宅で、焼肉やすき焼き、なんだかテンションが上がりますね。

牛バラ肉のおすすめレシピを大公開!

さて、牛バラ肉の特徴、食べ方について紹介してきましたが、牛バラ肉を使用したレシピは

ご存知ですか?

簡単に作れるものを3つご紹介いたしますので、ぜひ覚えて夕飯の参考にしてくださいね。

みんな喜ぶ! 牛バラ肉を使ったすき焼き

材料(4人分)

・牛バラ肉 300g

・焼き豆腐 2丁

・長ネギ  1本

・えのき  1パック

・にんじん 1本

・白菜   1/2個

・しらたき 1パック

・水    400cc

・料理酒  100cc

・みりん  50㏄

・砂糖   大さじ5

・醤油   60㏄

・卵    人数分

作り方

1.長ネギは斜めに食べやすい大きさに切り、にんじんは薄く輪切り、

 焼き豆腐は一口大の大きさ、白菜としらたきは食べやすい大きさに切り、えのきはほぐしておきます。

2.鍋に油をひき、牛バラ肉を焼きます。

 軽く火が通ったら、野菜も入れます。

3.鍋に調味料をすべて入れたら20分ほど煮詰めます。

4.食卓に鍋を置き、完成です。

 生卵につけて召し上がれ。

スープ自体は濃厚なので、しめはスープをお水で少し薄めてうどんで食べてもおいしいです。卵に絡めて食べる甘辛な味、とっても絶品です。

すき焼きは毎日食べたいくらいおいしいですよね。

特別な日にもおすすめな家庭料理です。

家庭の味 牛バラ肉を使った肉じゃが

材料(4人分)

・牛バラ切り落とし 300g

・じゃがいも    2個

・にんじん     1本

・たまねぎ     1個

・しらたき     1パック

・水        400㏄

・醤油       大さじ2

・白だし      大さじ1

・みりん      大さじ2

・砂糖       大さじ1

・料理酒      大さじ1

作り方

1.じゃがいもを一口大、にんじんは一口サイズ、たまねぎは1㎝幅、

 しらたきは食べやすい大きさに切ります。

2.鍋またはフライパンに油をひき、牛バラ肉を炒めます。

 少し火が通ったらたまねぎも入れます。

3.たまねぎがしんなりしてきたところで、じゃがいもとにんじんを入れます。

4.調味料を入れ混ぜ合わせます。

5.しらたきを入れ、15分間煮詰めます。

6.具材に火が通ったのが確認できたらお皿に移し、完成です。

肉じゃがはおふくろの味と言われているように親しみのある料理です。

じゃがいもに味が染みて、とってもおいしいですよね。

ご飯にも合う和食の定番です。

簡単に作れるので煮詰めている間、もう1、2品作れちゃいそうですね。

染みておいしい 牛バラ肉大根煮

材料(4人分)

・牛バラ焼肉用 500g

・大根     1/2本

・青ネギ    1本分

・水      500㏄

・ほんだし   15g

・料理酒    大さじ3

・醤油     大さじ3

・みりん    大さじ3

・砂糖     大さじ3

作り方

1.鍋に油をひき、お肉を炒めます。

 火が軽く通ったところで、半月切りにした大根を入れます。

2.大根は焦げてしまうと見栄え悪いので調味料をすぐ入れます。

3.中火にして落としぶたをし、20分ほど煮詰めます。

4.大根に軽く火が通ったら、味見をし、醤油や砂糖を追加し味の調整をします。

5.大根が煮汁によく染みたら細かく切った青ネギをかけ、完成です。

この味付けは他の食材でも使えるので味付けだけでも覚えておくといいですね。

牛肉はバラ肉の方が相性抜群です。

薬味で生姜をつけてもおいしいです。

大根は余ったとき何に使うか迷いますが、大根と牛肉があるだけでおかず一品増やせるなら作ってみたいですよね。

大根に味が染みてとってもおいしいです。ぜひ挑戦してみてください。

牛バラ肉のまとめ


1.牛バラ肉は3大栄養素のたんぱく質が豊富

2.免疫を高め、風邪をひきにくくしてくれる。

3.ビタミンB2により肌の調子を整えてくれる。

4.牛肉の部位ではカロリーが高い。

5.焼肉や煮物系に向いている。

牛バラのことについて紹介してきましたが、お肉はそれぞれ栄養素が高い食材になっています。

バラ肉はカロリーが高いのでくれぐれも食べ過ぎには気を付けましょう。

食べ方を把握していると、様々な料理にも挑戦できます。

牛丼にしても良し、焼肉丼にしても良し、とにかくご飯との相性抜群な食材です。

豚バラ肉でも併用できますが、今回は牛バラ肉をご紹介したので、ぜひ牛肉で挑戦してみてくださいね。

食関連の関連記事
  • 【必見】もんじゃ焼きをまずいと感じる理由は? 苦手なポイントを克服しておいしく食べるコツ 
  • 【保存版】もんじゃ焼きで腹痛が起こるのはどうして?考えられる原因と対策
  • 牛肉の部位バラの特徴 おいしい食べ方とおすすめのレシピを徹底解説!
  • 紀文のディズニーおせちは、イオンで買うよりネットがオトク!
  • 北欧コーヒーのギフトにはどれがおすすめ?私のベスト3を発表!
  • スーパーのさんまの賞味期限の知識まとめ 頭が切られてる方と切られてない方で長持ちするのはどっち?
おすすめの記事