バンコクから手軽に行けるビーチリゾート、パタヤ。

大人の町として有名なパタヤですが、観光スポットもたくさんあるんですよ。

今回はパタヤの観光スポットの中でも、そこまでメジャーではない穴場をご紹介します。

格安で贅沢な景色を楽しめるパタヤの絶景カフェ

パタヤと言えばとても個性的な建築物、アジアのサグラダファミリアことサンクチュアリー・オブ・トゥルースが有名です。

パタヤには他にも個性的な寺院がいくつかありますが、私のおススメの穴場寺院は「ワット・カオ・プラバート」。

パタヤ・ヒルという小高い丘の上にある、小さな寺院です。

寺院自体は、他の寺院と変わりありません。

ではなぜ、ワット・カオ・プラバートがおススメなのかって?

実は、その近くにある展望台が目的地です。

この展望台には、Coffee Breakというカフェがあります。

タイ価格のドリンクを飲みながら、とても贅沢な景色が楽しめる絶景カフェ。

昼間は暑いのであまりおススメはしませんが、是非サンセットの時間を狙って行ってみて!

https://goo.gl/maps/2cWz8MyeV8S2

写真映えする大迫力の仏壁画「ワット・カオ・シーチャン」


もうひとつ、仏教関連の穴場スポットをご紹介。

断崖絶壁に描かれた、迫力満点の「ワット・カオ・シーチャン」です。

ワット・カオ・シーチャンは、パタヤ中心地から車で30分とちょっと離れているのがデメリット。

ですが他の寺院では見られない、迫力ある光景を見ることができます。

インパクトのある仏壁画は、SNS映えすること間違いなし!

パタヤから南下することになるので、後ほど紹介する「パタヤ・パークタワー」や、パタヤ水上マーケットに立ち寄るといいかも。

ワット・カオ・シーチャンに行く際は、上手に回れるプランを立てましょう。

https://goo.gl/maps/krC5QaqShPK2

パタヤのスカートNGの観光スポット「パタヤ・パークタワー」に注意!

さてここからは、遊びの穴場スポットを。

このスポットは子供の頃テレビで見て、とても衝撃を受けました。

それは、「パタヤ・パークタワー」です。

私の見た番組は、クイズ番組でした。

「タワーの最上階にはレストランがありますが、服装に注意しなくてはいけません。

さて、どんな服装では行かないほうがいいのでしょうか?」というような質問でした。

みなさん、わかりますか?

答えは、「スカート」でした。

このタワーは52階から54階は、フロア自体が回転するビュッフェレストランになっています。

55階は展望台。

そしてその屋上に、スリリングなアクティビティがあるんです。

アスレチックのジップラインというのを知っていますか?

ワイヤーに取っ手のついた滑車を乗せ、ターザンのように滑空する、あれです。

それを56階、170メートルの高さから急降下するという、なんとも度胸のいるアクティビティ。

もちろん命綱は付いていますが、いざ飛び降りるとなると結構怖いのだそう。

断念する人もいるとかいないとか…

ひとりで飛び降りるのが怖い人は、二人で立ち乗りのスカイシャトル、何人かで乗れるスピードシャトルもありますよ。

普通にエレベーターでも降りられるので、実際にはスカートで行っても大丈夫です。

度胸試しをするなら、最適の観光スポットかも!?

https://goo.gl/maps/7T6Kptcd61w

手ぶらで巨大魚を狙う釣堀「ジョムティエン フィッシングパーク」


最後に、「ジョムティエン フィッシングパーク」という釣堀をご紹介します。

実はタイは、大きなナマズや怪魚が釣れる釣堀があることでも有名。

巨大魚や怪魚と格闘をするために、世界中から釣り人が集まる場所なんです。

ジョムティエン フィッシングパークは、熟練した釣り人でなくても楽しめる釣堀のひとつ。

竿も餌も貸してくれるので、手ぶらで行ってもOKです。

しかも餌を投げるところまでスタッフの人がやってくれるという、手厚いサービス付き。

釣りのことをまったく知らなくても楽しめる、美味しいとこ取りの釣堀です。

釣り人に言わせれば、あまりにも釣れすぎて1~2時間で飽きてしまうとか。

ちょっと釣りをやってみたい人、タイならではの遊びをしたい人におススメです。

https://goo.gl/maps/YwFQHEemHQq

まとめ

・パタヤ・ヒルで贅沢なカフェタイム

・絶壁に描かれた大迫力の仏壁画

・パタヤ・パークタワーで度胸試し

・大物を狙うジョムティエン・フィッシングパーク

穴場スポットとして紹介してきましたが、行ってみて「あれ?思ったより人が多い」と思うかもしれません。

パタヤは世界各国から人が集まる、タイ屈指の観光地。

人が多すぎて、実は穴場と言えども穴場ではないんです…

ですが紹介したスポットは、比較的人の少ない場所。

パタヤの人ごみに疲れたら、足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

海外・外国情報の関連記事
  • 【必見】北朝鮮ツアーのナゾに迫る!ホテルの相場は?気になる安全性も…
  • 謎の国「北朝鮮」の女性のファッションのフシギ。モテる格好はあるのか?
  • 北朝鮮旅行で絶対食べるべき名物料理は?ベスト3を大発表!
  • 北朝鮮の「真実」人々の生活レベルは?驚きの貧富の差、その実態…
  • 音楽を聞くだけで処罰?北朝鮮のえげつない法律を徹底解説!
  • 【驚愕】モンゴルのトイレ事情を徹底解説!衛生面や使い方は場所によって違う
おすすめの記事