デンマークという国をご存知ですか?

連が発表する「世界幸福度ランキング」では、2013年、2014年、2016年には1!毎年常に上位にランクし、2018年は3位にランクインしました。

北欧の国々は毎年このランキングの上位を独占していますが、特に、1位の常連でもあるデンマークは、「世界一幸福な国」とも呼ばれています。

ちなみに日本は、2018年は54位と、先進国の中でも厳しい結果に。

日本とデンマーク、一体どんな違いがあるのでしょうか。


デンマークってどんな国?実は日本と似てる?


デンマークは北欧諸国の一つで、北海とバルト海を分けるユトランド半島と、400を超える数々の島で構成されています。

人口は約570万人、面積は43千キロ平方メートルで、日本の10分の1程度の大きさ。意外と小さな国なんです。

立憲君主制国家、つまり王様のいる「王国」で、その歴史はなんと、日本に次いで世界に二番目に古いと言われているそうです。

長い歴史と豊かな文化に恵まれた国で、童話でおなじみのアンデルセンが生まれた国でもあります。首都のコペンハーゲンは、スカンジナビア半島にある国々の中でも最大級の都市で、その古く趣ある美しい街並みから「北欧のパリ」とも呼ばれているんだとか。

また、デンマークは、ここ数年で日本でも話題になったおしゃれな北欧雑貨のお店「フライングタイガーコペンハーゲン」のふるさとでもあります。

ここまでだと、日本より小さいけれど、古い歴史、美しい文化、魅力的なポップカルチャーもある、そんな国という印象。

日本も負けないぞ!と言いたいところですが、忘れちゃいけないのが「福祉制度」です。

デンマークをはじめとする北欧諸国では、高い税率で高い水準の福祉サービスを提供する、「ノルディックモデル」と言われる制度を取っています。

この「高福祉高負担」がデンマークを「世界一幸福な国」にしているとも聞きますが本当なんでしょうか?

貧困率の低さは世界一!?生活保護の違いは


OECD(経済協力開発機構)の2015年の調査によると、デンマークの貧困率は驚きの55パーセント!これは調査対象の主要な42カ国中最低、つまり一番貧困率が低いということ。

日本の貧困率は16.1パーセントですから、その凄さがわかります。

デンマークの高齢者は年金制度で生活が保障されるので、貧困に陥る老人がほとんどいないらしいです。

貧困者を支える失業保険や生活保護はどうなっているのでしょう。

失業保険の額は、貰っていた給与の90パーセントで、最大3年間支給されます(上限あり)。

生活保護費は、OECDの調査を参考にすると、単身者の給付額は日本の約1.34倍程度のようです。

夫婦揃って給付、子供がいる場合などの給付額は日本とそれほど差はないようです。

デンマークで生活保護の給付を受けるのは単身者が多いそうなので、独り身で貧困に陥るケースは少なそうですね。


デンマークの教育費や医療費は驚きの安さ!


デンマークは教育に関する保障も充実しており、駐日デンマーク大使館のツイッターでもお墨付きです。

大学・大学院まで学費は無料で、18歳以上の学生には月額10万円弱ほどの生活支援金が給付されるなど、国民が学ぶ上でお金の心配をする必要もないんだとか。

大学時代アルバイトに追われた身としては正直羨ましい限りです。

医療費だって原則無料、出産費用も無料です。

17歳以下まで児童手当が給付され、18歳以降も社会人になるまで給付金が支給されます。

子育て安心、病気しても医療費は心配なく、学業面でも生活を保障され不自由なく学べます。

そして、前に高齢者の年金制度に触れたように、老後の心配もありません!

ここまでくると、「世界一幸福」と言われても、正直納得です。

デンマークの気になる税金、物価、そして問題も


ここまでデンマークの充実した社会福祉について触れてきましたが、忘れちゃいけないのが、その予算。

デンマークは高福祉な分、高負担、つまり税率の高い国です。

所得税はなんと5060パーセントと、所得の半分以上が税金で取られてしまいます。

日本なら所得税は545パーセントですから、その高さがわかります。

デンマークはそのほかの税金も高く、消費税は25パーセント、自動車税に至っては180パーセントという信じられない額です。

まさにハイコストハイリターンといった様相です。

日本だったら到底生きていけない税率ですが、その分社会福祉が充実しているため、貯金がなくても生きて行く上で不安は少ないのでしょう。

福祉サービスが良いからと言って、必ずしもそれが持続可能とは限りません。

手厚すぎる福祉サービスによるモラルハザードの危険性も、常に問題視されてもいます。

また、近年急激に増加している移民の問題で、生活保護費のあり方なども議論されているようです。

良い面があれば問題な面もあるただ福祉が充実すれば良いとも限らないようですが、この高福祉高負担の制度が、世界一幸福なデンマークという国を支えているのは間違いなさそうです。

まとめ

・デンマークは高福祉高負担の国。

・貧困率が低く、単身者向けの生活保護も厚い。

・教育・子育て・医療・年金と一生手厚く保障される。

・その分高い税金の負担。社会問題も。

海外・外国情報の関連記事
  • 謎の国「北朝鮮」の女性のファッションのフシギ。モテる格好はあるのか?
  • 北朝鮮旅行で絶対食べるべき名物料理は?ベスト3を大発表!
  • 北朝鮮の「真実」人々の生活レベルは?驚きの貧富の差、その実態…
  • 音楽を聞くだけで処罰?北朝鮮のえげつない法律を徹底解説!
  • 【驚愕】モンゴルのトイレ事情を徹底解説!衛生面や使い方は場所によって違う
  • 北朝鮮の髪型にはルールがある?実は男女別でルール差がある!髪型の規制を徹底解説!
おすすめの記事