デキストリンというものはご存知でしょうか?

一見、薬品のような名前ですがいったいどんなものなのでしょうか?

 

実は食品や飲料の成分表を見ると「デキストリン」または「難消化性デキストリン」と書かれているかと思います。

そんなデキストリンはどんなものなのか、用途や安全性、副作用などについてご紹介します。

デキストリンとはどんなもの? 正体はでんぷんの変化物!

 

じゃがいもやトウモロコシなどのでんぷんを酸または酵素の働きで加水分解する工程で加水分解生成物ができます。

その加水分解生成物を総称してデキストリンといいます。

つまりデキストリンはでんぷん、炭水化物の一種です。

 

デキストリンは粉状の化粧品を固形化したり、液体の顆粒化、粘度調整、花火の結合剤、健康食品、菓子類、ベビーフードなどに用いられています。

 

デキストリンの似ているもので「難消化性デキストリン」というものがあります。

デキストリンを抽出する工程で難消化性デキストリンも抽出されます。

呼んで字のごとく、「消化されないデキストリン」が難消化性デキストリンです。

日本の食生活は欧米化したことで食物繊維不足になっています。

その食物繊維不足を補うために難消化性デキストリンはつくられました。

 

炭水化物は糖質と食物繊維で構成されており、糖質を「デキストリン」、食物繊維を「難消化性デキストリン」といいます。

つまり、糖質であるデキストリンは体内にゆっくりと吸収される性質があり、難消化性デキストリンは人体には吸収されない性質があります。

難消化性デキストリンは便秘解消やダイエット効果も期待されており、特定保健用食品として認可されています。

 

デキストリンは適度な粘度、低カロリーな糖度があり保存性も優れているので菓子類やベビーフードになどに使われています

さまざまな食品への応用がきくことで注目を浴びています。

 

捕捉ですが、デキストリンは食品添加物かと勘違いされているかもしれませんが、でんぷんですので食品添加物ではなく食品にあたります。

デキストリンの安全性と副作用

デキストリンは危険といわれる所以は「炭水化物だから」ということだと思います。

炭水化物は体内で脂質に変化して蓄えられる性質があるので、摂取のしすぎは生活習慣病などにつながる恐れがあります。

といっても炭水化物は人体にとっては必要な五大栄養素のひとつでもあるので、摂取のしなさすぎも問題です。

適度にバランスよく食生活に取り入れることが大切ですね。

 

一方、難消化性デキストリンは前述しましたが特定保健用食品として認可されています。

ダイエット食品や糖尿病予防などに適しています。

食物繊維なので摂取しすぎるとお腹が緩くなるという副作用が報告されているようです。

糖尿病予防にも効果的ということで低血糖になる恐れはあるのかと疑問に思う方もいるかもしれませんが、難消化性デキストリンは「糖分をカットする」わけではなく「糖分の吸収速度を遅らせる働き」があるため低血糖の恐れはありません。

 

難消化性デキストリン含め、デキストリンはじゃがいもやトウモロコシなどのでんぷんの一種ですのでデキストリン自体には毒性などの安全性の疑問はないかと思います。

「摂取しすぎるのも摂取しなさすぎるのも良くない」という意識を持っておきましょう。

デキストリンの用途とは?

前述でも少し触れていましたがデキストリンは菓子類やベビーフードなどに含まれていることが多いです。

その他にはカップスープ、焼肉などのタレ、ドレッシング、スポーツ飲料などにも含まれています。

 

なぜこういった食品に含まれているのかというと、デキストリンには「とろみつけ」「つや出し」「粉末を溶けやすくする」などの働きがあるからです。

既製品の食品は味に変化を与えずにとろみやつや、照りを与えられるデキストリンが多様されています。

 

デキストリンは低分子化することで冷水で混ぜてもとろみがつけられます。

でんぷんといえばコーンスターチや片栗粉などを想像していただければわかりやすいですが、これらは冷水で混ぜたら沈殿してしまいますよね。

デキストリンは冷水でも沈殿せずにしっかりと混ぜることができるので、使い勝手もよくさまざまな食品に使われています。

 

デキストリンは自宅などで使うことはないかと思いますが、難消化性デキストリンはAmazonや楽天でも販売されています。

難消化性デキストリンは粉末状で、冷水にも溶け込む性質があるので飲み物に入れたりゼリーにしたりする方も多いかと思います。

難消化性デキストリンは食物繊維なのでダイエットや便秘解消目的として使用されることが多いかと思います。

まとめ

 

 

・デキストリンは糖質、難消化性デキストリンは食物繊維。

・デキストリンは食品のとろみつけ、つや出しなどに利用されている。

・難消化性デキストリンはダイエット効果、便秘解消に期待される。

 

難しそうな危険そうな名前ですが、菓子類やベビーフードなどにも当たり前のように使われている食品でしたね。

遺伝子組み換えたじゃがいもやトウモロコシからデキストリンや難消化性デキストリンを抽出している場合、アレルギー性がある可能性があります。

ダイエットや便秘解消などに日常的に使われる方は成分表示などをしっかり見てから使用しましょう。

食関連の関連記事
  • 【保存版】甘栗の上手なむき方は?中身を壊さないでむく方法をお伝えします
  • 鳥の手羽先の気になる栄養分とカロリーは?手羽先はダイエット向け料理って本当?
  • かんずりとは?味やカロリーは?おススメの使い方を伝授!
  • エルダーフラワーティーの効果や効能を徹底解説!気になる安全性も調査!
  • 赤ちゃんに生野菜はあげるのはいつから?
  • 【保存版】フェネゲリークの安全性や使い方は?効果・効能は?
おすすめの記事