お盆、GW、年始年末は仕事漬けの社会人にはとても楽しみな長期休み。

しかし休みの終盤から仕事初日は「会社に行きたくない」と憂鬱な気分に…。

お盆休み明けは普段より会社に行く元気がわかない人もいるのではないでしょうか。

 

休みボケなのか仕事がなかなか進まない…。

時間を拘束される息苦しさ…。

休み明けを考えると仕事が始まる前から会社に行くのが億劫に。

 

お盆休みが迫っている今、そんな憂鬱さを吹き飛ばして気持ちよく仕事にいくための対策を4選ご提案します。

お盆休み終盤は身体を動かす

お盆休みをずっとだらだらした状態ですごしていると副交感神経が優位になってしまいどうしても憂鬱な気分になってしまいます。

自律神経の影響は心身に非常に大きな影響を与えます。

 

簡単にいうと副交感神経はリラックスとした状態、交感神経は興奮した状態。

だらだらしていると常に精神がリラックスした状態になってしまい行動を起こすことが億劫になってきます。

そのため身体を動かすというのは非常に有効で、軽いジョギングをしたり、ジムへいったり、登山をしたり、マッサージへ行ったりというのがおすすめです。

 

お盆休みで優位になった副交感神経が出勤日になるまで続いてしまうと、身も心も疲労感がすごくあるかと思います。

出勤日になったからといって突然交感神経が優位になって力がみなぎるということはあまりありません。

休むときは休むけどしっかり身体も動かすことで自律神経を上手く刺激できます。

 

お盆休みは特に登山が最適です。

この季節だからこそ、低めの山や森でもいいので足をのばしてみる価値は大いにあるかと思います。

身も心もリフレッシュした状態で出勤日を迎えると、自然と身体が軽く感じて憂鬱な気分が気にならないかと思います。

次の休みは1日遊んで1日休む計画を実践しよう!

社会人は普段仕事漬けで自分の時間がなかなか満足にとれません。

だからこそ盆休みなどの長期休みは自分の計画や予定を実行できて楽しいですね。

 

旅行やバーベキュー、帰省、自宅でゲームなど人によって盆休みの使い方はさまざまかと思います。

そういった自分の予定を連日こなしていくことで会社に縛られる時間や仕事を延々とこなさなければいけない束縛感に嫌気がさします。

 

特に盆休み中に楽しみつくしてしまうと、普段は身体を休めるのに必死な土日祝日にあまり希望が見出せないのではないでしょうか。

しかし土曜日だけは早起きして自分の趣味や時間を作る、日曜は一日中だらだらすると配分をお盆休み中に決めておくのをおすすめします。

 

憂鬱なお盆休み終盤に次の休みの計画を立てておくと「頑張って仕事終わらせてしっかり遊ぼう」と前向きな気持ちがわきます。

仕事終わりに予定を入れる

仕事だけで1日が終わってしまうと考えるとお盆休み中ですら憂鬱な気分はなかなか払拭できません。

「次の休みが遠くて考えられない!」という人もいるかと思います。

 

そういったときは仕事終わりに短い時間でもいいので予定を作ることをおすすめします。

お盆休み終盤に出勤1日目はジムやカフェに行くなどの予定を立てるとわくわくしますね。

ウインドウショッピングや夕飯を豪華にするなども楽しくなるのではないでしょうか?

 

お盆休み中にお店をピックアップして経路などをしっかりと調べて準備をします。

仕事後の短時間でもスムーズに目的地に着けるように下調べをするのは大切です。

職場近くで穴場のお店を探してみたり…。

普段はちょっと高いと思っているお店に行ってみたり…。

明確に「行く!」と決まれば気力もわきますね。

サイキングアップで本調子に

サイキングアップとは「情動反応の自己調整方」という意味です。

簡単にいうと、心の準備体操のことです。

憂鬱な気分、緊張している、リラックスしすぎている、テンションが上がらない、気持ちの切り替えが上手くいかないときなどに意識的に気分を上げて興奮を高める行動などを指します。

 

自分の本調子に持っていくために行う準備体操ですね。

方法自体は人それぞれですが、例えばお気に入りの音楽を聴く、目を閉じて深呼吸をする、朝ごはんはしっかり食べるなど本調子に近付けるための行動を自分で見つけることをおすすめします。

 

気分の切り替えのスイッチを「今日から頑張ろう」と曖昧な動機で切り替えようとしてもなかなか上手くいきません。

「お気に入りの音楽が聴き終わったら出勤しよう」など明確な動機を作っておくと気分の切り替えがしやすいですね。

まとめ

・身体を動かすと気分も晴れやかに。

・いつもよりしんどい仕事の後には思い切ってご褒美を。

・気持ちの切り替えにはスイッチを作ると楽。

 

物理的にも止まっているものを動かすときが一番エネルギーを使います。

人間もやはりそうで、お盆休み明けの出勤にはいつもよりエネルギーが使われて憂鬱だったり疲れやすかったり…。

自分で気分を切り替えるご褒美、スイッチを作ると楽しい気持ちがわいてきます。

仕事の関連記事
  • 【必見】営業スマイルができない人へ、緊張しないやり方を徹底解説!
  • 昇進したときの挨拶の掟!スピーチと文章例紹介!社外宛のメールは?
  • 個人年金の確定申告!?やり方と税金の計算法を徹底解説!
  • セブンイレブンのバイトはブラックって本当?残業はどれくらい?
  • 【必見】アップライトピアノにも調律って必要なの?頻度はどれくらい?
  • ティッシュ配りをするには許可がいる!?申請書の書き方教えます
おすすめの記事