核開発問題や拉致被害問題、外交問題などで深刻な話題の絶えない国、朝鮮民主義人民共和国、通称「北朝鮮」。

報道関係も厳しい制約があり、実際に住んでる人たちの暮らしぶりや本音などはあまり表に出てきません。

時折TVで見かけるのは、ニュースキャスターや式典で舞い踊る笑顔の人々ばかり。

 

本当の姿は謎のベールに包まれたままの北朝鮮。

例えば女性たちは、日本人のようにファッション雑誌を見たり、ファッションを楽しむような暮らしをしているのでしょうか。

流行のアイテムがあったりするのでしょうか?

女性のファッションにスポットを当てて、調べて見たら意外なことが…?

 

 

北朝鮮の伝統的なファッションといえば?


 

 
 

 

北朝鮮は1948年に独立し生まれた、朝鮮半島の北緯38度以北にある国です。

北朝鮮はもともと、南側の大韓民国、つまり韓国と同じ1つの国でした。

そのため、伝統的な文化の流れは韓国と同じと言えるでしょう。

韓国の伝統的な女性のファッションといえば、「チマチョゴリ」が有名ですが、それは北朝鮮も同様です。

チマチョゴリは、上着のチョゴリに巻きスカートのチマを合わせた民族衣装。

北朝鮮では上着が白、下が黒のチマチョゴリが正装なんだとか。

 

あの名物女性キャスター、実はファッションリーダー?!


 

 

 

北朝鮮でチマチョゴリの女性といえば思い出すのが、あのニュースキャスター。

明るい桃色などの暖色系のチマチョゴリに身を包み、独特の力強い抑揚でニュースを読み上げる女性キャスターが有名ですよね。

 

ちなみにこの方、李春姫(リ・チュニ)さんといって御歳75歳のベテランアナウンサー。

元は国立演劇団の女優さんだったそうです。

北朝鮮国営の朝鮮中央テレビの看板アナウンサーで、北朝鮮アナウンサーの格付けの中で最高の「人民放送員」で、朝鮮労働党から送られる称号「努力英雄」というものも受けているそうです。

そして、国家から栄誉だけでなく様々な高待遇を受けている、いわばセレブ。

出演時の服装も北朝鮮で最先端のものが無償提供されているという話があります。

彼女の髪型やファッションは特権階級の中年女性にとって最先端なんだそうです。

 

ファッションリーダーはファーストレディ?!


 

 
 

 

近年、北朝鮮の女性向けのファッションが洗練されて来ているという指摘があります。

その原因と言われているのが、金正恩氏の妻、李雪主(リ・ソルジュ)夫人の存在です。

 

若くて美人で知られる夫人は、金正恩氏と共に外交の場に現れ、その際色鮮やかなスーツやミニスカート、ハイヒールといったアイテムが注目を集めています。

彼女がプラダやディオールなどの海外高級ブランドを身につけており、それらが北朝鮮の富裕層の女性の憧れの的となっているようです。

つまり彼女が北朝鮮の富裕層の若い女性のファッションのお手本となっているようです。

北朝鮮で一番モテる格好といえば、首席夫人の彼女のファッション、というのが正解のような気がします。

 

 

つまり、ファッション誌がない北朝鮮と人々にとって、TVが観れる富裕層であれば、TVに出演する有名人のファッションこそ、流行を掴む上で大事な情報源ということですね。

その点は日本や他の国と変わらないように感じますが

街の若者たちや、そこまで裕福でない一般庶民の女性は、どんな格好をしているのでしょう?

 

 

北朝鮮の街の人たちのファッションは意外と


 
 

 

先入観ですが、北朝鮮の一般庶民の女性の服装はどこか「堅苦しい」「古臭い」「みんな同じ服」というイメージがありました。

しかし、「北朝鮮 ファッション」で画像検索をかけると、確かに若干の古臭さはあるのですが、思ったより華やかな服装も出てきます。

日本の渋谷や韓国のソウルのように、きらびやかな若者で溢れるというわけではありませんが、揃いの服ばかりというわけではなさそうです。

もちろん都市部に住む比較的裕福な人たちで、国の検閲を通れた画像だとは思いますが、女性たちは色とりどりの服を着て街を歩いています。

動画サイトYouTubeで「北朝鮮」で検索すると出てくる、個人旅行で北朝鮮を訪れる人たちの動画を見ても、同様に感じます。

 

社会主義の北朝鮮では、華美な服装は反社会的なものとして取締の対象となります。

しかし、2017年に北朝鮮が猛暑に見舞われた際には、女性のスカートは短く、ノースリーブなども解禁されるなど露出度が上がって来ているんだそうです。

 

また、髪型にも制約があり、茶髪や女性の長すぎる髪は禁止されているそうです。

そこまで聞くとかなり窮屈そうに感じますが、髪の長い女性はパーマが一般的なんだそうです。

そのため、画像や動画で出てくる女性のヘアスタイルは様々で、ショートカットでシンプルな髪型も女性もいれば、しっかりパーマをかけた若い女性の姿もいます。

 

 

北朝鮮のファッション事情まとめ

 

北朝鮮は国が公開を許していない情報が多いため、市街地の裕福な人々だけでない、地方の本当の庶民の暮らしぶりというのは分からないのが現状です。

しかし、少なくとも平壌などの町中の人々は、取り締まりに合わない範囲でファッションを楽しんでいると言えるでしょう。

 

・北朝鮮の女性の伝統衣装はチマチョゴリ

・お馴染みの女性アナウンサーは富裕層中年女性のファッションリーダー

・北朝鮮一のモテ女は金正恩夫人・李雪主。北朝鮮女性のファッションをさらに華やかに

・市街地の人々は規制の中でも様々な服装を選択できている

海外・外国情報の関連記事
  • 【保存版】タイの日焼け止めの選び方 セブンイレブンで日焼け止めを買うのがおすすめ!
  • 【必見】北朝鮮ツアーのナゾに迫る!ホテルの相場は?気になる安全性も…
  • 謎の国「北朝鮮」の女性のファッションのフシギ。モテる格好はあるのか?
  • 北朝鮮旅行で絶対食べるべき名物料理は?ベスト3を大発表!
  • 北朝鮮の「真実」人々の生活レベルは?驚きの貧富の差、その実態…
  • 音楽を聞くだけで処罰?北朝鮮のえげつない法律を徹底解説!
おすすめの記事