楽しみにしているタイ旅行、どんな靴を履いて行きますか?

ひとつアドバイスをするのなら、「タイに持ってくる靴は選んだほうがいい」です。

じゃあ、どんな靴がいいのかって?

それでは、地域別におススメの靴を紹介しましょう。

ビーチリゾートで大活躍する靴

タイは海がきれいな国。

プーケットを初めサムイ島やピーピー島、クラビなど人気のビーチリゾートがたくさんあります。

今回のタイ旅行は海に行く!という人、どんな靴を持っていく予定ですか?

ビーチサンダルだけでも大丈夫ですが、マリンシューズを持って行くと重宝しますよ。

タイの海は、かなり遠浅。

海を沖に沖にと歩いていると、貝や岩で足を傷つけてしまうこともあります。

そんな時、足を怪我から守ってくれるのがマリンシューズ。

水の中で歩きやすいというのも、メリットのひとつですね。

ビーチシューズはシュノーケルをやるときにも使えます。

フィン(足ヒレ)を付ける人も付けない人も、持って行けば間違いないでしょう。

クロックスのようなサンダルもおススメです。

シュノーケルには向きませんが、砂浜を散歩したり波打ち際で遊ぶのにはぴったりです。

現地でも「似たようなサンダル」が安く売られているので、すぐに買うことができますよ。

トレッキングにおススメな靴


チェンマイやチェンライなどの山に行く人、トレッキングの予定はありますか?

トレッキングの持ち物には「歩きやすい靴」と書かれていることが多いのですが、もうひとつ注意点が。

たしかに、「歩きやすい」というのは大事です。

でもその靴がまだキレイでお気に入りの靴だったら、ちょっと待って!

タイの土は、赤っぽい色をしています。

水で湿っている場所も多く、粘土のようなぬかるみに足がはまることもしばしば。

思っているよりも、靴が汚れると思ってください。

トレッキングが終わったら洗えばいい、と思うでしょう?

でも、タイの土汚れはとても頑固。

赤くて細かい土のせいか、水で流してもこすってもなかなか落ちません。

私はトレッキングに、白いシューズを履いて行きました。

それが間違いだったんですね…。

あまりの汚れのひどさに、旅先でサヨナラするという悲しい結果に。

タイの山でトレッキングをするのなら、履いていく靴には注意して!

「歩きやすくて汚れてもいい靴」もしくは「歩きやすくてそろそろ捨ててもいい靴」を持っていくことをおススメします。

バンコク観光でも靴選びは大切

今回のタイ旅行はバンコクだけという人も、靴は選んだほうがいいですよ。

タイの歩道はボコボコしていて、日本のようにまっすぐ歩くことはできません。

斜めになっていたり穴があいていたり、とにかく道が悪いんです。

そんな道を歩くのだから、靴の底は曲がったりねじれたりの繰り返し。

ヒールのある靴は、ヒールが穴にはまったりすることもしょっちゅうです。

靴にかかる負担が重いので、とにかく靴がすぐ壊れます。

それに、雨が降ったらもう大変。

タイの道は、あまり雨を吸い取りません。

雨上がりに道を歩くと、靴も足も濡れること間違いなし。

布製の靴では、雨や泥でグショグショになってしまいます。

バンコクで観光をするときは、歩きやすく、ヒールの低い、水を弾く、壊れても困らない靴をおススメします。

タイ人の靴事情

タイに旅行に来たら、タイ人の足元を見てみてください。

ヘアスタイルも服もオシャレしているのに、なぜか靴がオヤジサンダル…という人が結構います。

「オシャレは足もとから」と言いますが、タイでは「オシャレは足もと以外」なのかと思ってしまうほど。

きっとタイ人の靴事情には、道の悪さが関係しています。

家から高級デパートまで車で乗り付けるという人は別かもしれませんが、たいていの人は多少なりとも道を歩きます。

そう、オシャレな靴を履いて歩けるような、平らな道ではないんです。

私は日本にいるとき、靴が大好きでした。

タイに来るときに何足も持ってきたのですが、1ヶ月もしないうちに全部壊れました。

お気に入りの靴を履いて出かけたら、出かける途中で壊れたこともあります。

どんな高い靴を買ってもすぐ壊れる…だから私は今では、ヒールのないベタッとした、樹脂製の安い靴しか履かなくなりました。

足もとのオシャレが出来なくて悲しいですが、靴が壊れて困るよりはマシかもしれません。

まとめ

・ビーチに行くならマリンシューズを持っていこう

・トレッキングには汚れてもいい靴を

・バンコクの観光にはヒールのない靴がおススメ

・道の悪いタイでは、足もとのオシャレはできない

旅行に行くときって、わくわくしますよね。

どんな服を着ようか、どんな靴を履こうか、現地でオシャレをするのも楽しみのひとつ。

でもタイでは、足もとのオシャレをする必要はありません。

見た目よりも実用性を考えて、持って行く靴を選びましょう。

海外・外国情報の関連記事
  • 謎の国「北朝鮮」の女性のファッションのフシギ。モテる格好はあるのか?
  • 北朝鮮旅行で絶対食べるべき名物料理は?ベスト3を大発表!
  • 北朝鮮の「真実」人々の生活レベルは?驚きの貧富の差、その実態…
  • 音楽を聞くだけで処罰?北朝鮮のえげつない法律を徹底解説!
  • 【驚愕】モンゴルのトイレ事情を徹底解説!衛生面や使い方は場所によって違う
  • 北朝鮮の髪型にはルールがある?実は男女別でルール差がある!髪型の規制を徹底解説!
おすすめの記事