マクドナルドの冬の定番グラコロバーガー
期間限定の商品なので、「食べ逃してしまった!もっと食べたかった!」というあなたの為に、お家でもあの味を再現できないか、徹底検証してみました。
かくいう私も、今年の冬は一度も食べられずに終わってしまった一人。
一緒にお家グラコロを楽しみましょう!

グラコロ風ハンバーガー【準備するもの】


今回は数あるレシピの中から、お家でも気軽に簡単に作れる材料をチョイスしました。

グラコロ風ハンバーガーの材料(バンズ3個分)
グラタンの素 ホワイトソース・・・2人分
むき海老・・・8尾
玉ねぎ・・・4分の1個
薄力粉・・・1カップ
卵・・・1個
パン粉・・・2カップ

キャベツ・・・千切りお好みで
中濃ソース・・・お好みで
バンズ用パン・・・3個

気軽に作るコツは、グラタンの素を使うこと。
ホワイトソースの手作りは意外と難しいので、市販の便利商品を活用していきましょう!
また、キャベツもお店感を出すにはあらかじめ千切りになっているものを買ってくるのがおすすめ!もしくはスライサーがお家にある場合、薄めの設定にしてスライサーを使用しましょう。
もちろん、自分は千切り名人でそんなもの必要ない!!という強者はじゃんじゃん刻んじゃって下さい。

①玉ねぎとエビをみじん切りにする

まずは玉ねぎとエビをみじん切りにします。
みじん切りといっても、エビは1尾を3分の1に分けるくらいの粗さがおすすめです。
揚げた時に食感が残るイメージで、思っているより少し大きめのほうが美味しく出来上がりました!

②付属のマカロニを茹でて、切る

次に、グラタンの素についているマカロニを半分だけ、8分茹でましょう。
グラタンの素によっては、マカロニを茹でる行程が不要、と書いてあるものもありますが、揚げ時間が短いのでここで茹でておきます。
ポイントはマカロニの量を半分だけに調整することです。
私ははじめ全部使ってしまい、グラコロというよりもマカロニバーガーが出来上がってしまいました。
茹で上がったら半分に切ります。
はじめに切ったエビの大きさと合わせると、食感が整って美味しいです。

③グラタンの素を使ってタネを調理


下準備が終わったら、いよいよタネの調理に入ります。
グラタンの素の箱に作り方が載っているので、その手順通りに調理していきます。
まず、玉ねぎとエビを玉ねぎがしんなりするまで炒めます。

次にホワイトソースの素と水・牛乳を投入するのですが、ここで注意!
水と牛乳の量をどちらも半分にして、ホワイトソースを固めに仕上げます。
後ほど整形して揚げるので、タネが柔らかくなると扱いずらいです。

水分を半分にしても、はじめは心配になるくらいシャバシャバしていますが、弱火で少し火をかけるとトロミがついて固くなっていきますのでご安心を。

ここで半分に切ったマカロニも投入。
全体をしっかりホワイトソースに絡めます。

④バットに入れて冷凍庫へ


全体がしっかり混ざったら、バットに入れて冷凍庫or冷蔵庫へ。
私は熱い状態のまま、普段は食材の入っていない急速冷凍の引き出しに入れて30分冷やしました。
もし、冷凍庫がいっぱいだったり、急がない場合は、冷蔵庫で1時間ほどひやすとこの後の成形がグッとやり易くなりますよ。

⑤三等分に区切って、丸く成形


冷えたタネを3等分にして、丸く成形します。(上の写真はお皿の大きさの関係で2つ分です)
この時のポイントは、バンズの大きさより少し大きめ、そして薄めに成形すること。
揚げると少しだけ縮むので、厚くつくってしまうと食べにくいです。
最後に薄力粉をつけて、もう一度冷凍庫で10分ほど寝かせましょう。
成形中に手の平の温度で、タネがゆるっとしてしまうので、揚げる前のこの10分が大切です。

⑥揚げてグラコロが完成

タネが冷えたら、いよいよ揚げていきます。
卵→パン粉の順番で、側面にもしっかりパン粉をつけてください。
卵をつけると、一気にタネが崩れそうになるのですが大丈夫!
パン粉のバットにパッと移して、しっかりぎゅっーと成形し直しましょう。
パン粉が水分を吸って扱いやすくなります。

そして170度の油に投入!きつね色になるまで揚げましょう。
かき揚げの要領で、油に入れたあとはあまり触らず、側面の下半分にきつね色の揚げ色が見えたらゆっくりひっくり返します。
ここで焦ってしまうと、せっかく頑張ってつくったタネが真っ二つ!!
私は、計6個つくってはじめの2個は真っ二つにしてしまいました…。

また、揚げすぎるとトロッと感がなくなってしまうので、普段の揚げ物より早めに取り出してあげるのが美味しくなるコツです。

⑦グラコロをバンズに挟んでいく

グラコロが出来上がったら、あとは仕上げの作業です。
バンズはレンジで10〜20秒ほど温めておきましょう!
バンズにマヨネーズをのせ伸ばします。
その上に水を切った千切りキャベツをお好みで。

できたてのグラコロを乗せて、中濃ソースをかけたら・・・・完成です!!

揚げたてのグラコロを乗せたハンバーガーは思っていた以上の美味しさでした。
ポテトフライとメロンソーダも作ってお店感を演出してみました。

ポイントまとめ

  • グラタンの素は市販のものを活用
  • 千切りキャベツは市販のもの、もしくはスライサーで
  • エビは粗みじんで食感を残す
  • マカロニは半分の量
  • グラタンの素で指定されている水分量は半分に調整する
  • タネはしっかり冷やす!
  • 油に入れたあとは触らない

全行程で1時間かからずに、お店の味を楽しむことができました。
作り始める前に想像した以上に美味しく、しかも簡単に作ることができるので、これはリピート決定です。

また、このレシピにチーズをトッピングしてみたり、アボカドをトッピングしてみたり、グラタンの素をホワイトソースではなくチーズソースやミートソースにアレンジしても美味しいはず!
ハンバーガーにしなくても、夜ご飯のおかずの一品として家族で楽しむのもいいですね。
ぜひ一度試してみてください!

食関連の関連記事
  • 【保存版】玉ねぎの皮の色が変色!これって食べられる?見分け方を検証
  • 【必見】ラムとマトンの違いは?ジンギスカンの肉の種類は?
  • 【驚愕】もやしの食べ過ぎで気持ち悪い・・・。その理由と対策は?
  • 【保存版】モダン焼き 失敗しない美味しい作り方
  • マッスルマダイってどんな味の魚?食べても安全なの?フードテックが未来の食を変える!
  • ビジネスクラスの機内メニューが気になる!航空会社別のおススメの食事は?
おすすめの記事