さて、ここ数年で目まぐるしいほどSNSを始め、誰でも情報を発信できるような社会になりましたね。それと同時にSNSを通しての事件が多いのも事実。

簡単にできるからこそ危険性のボーダーが分からなくなってしまっているのです。

「これぐらいは載せて大丈夫だろう」と思った情報がきっかけでトラブルになったこと、中には経験がある人もいるのではないでしょうか?

 

今回はネット上に情報を開示する危険性についてお伝えします。

何気なく載せている顔写真、実は情報がいっぱい

みなさんは自分のSNSに鍵をつけているでしょうか?

実はよく自撮りなど顔を載せている方、知らないうちに悪用されているかもしれません

例えば、とある学生で女性のインスタグラムのアカウントには
日頃から多くの友人の写真、自分の顔の写真、学校生活の写真、
アルバイト先の写真が挙げられているとしましょう。

ここから推測される個人情報がたくさんあります。

友人含め顔の写真で完全に個人の特定ができるし、その人物がどこの学校に通っているのか、どこでアルバイトをしているのかが一気に流れてしまいます。

このように1つの写真から多くの情報が漏洩する可能性があります。

漏洩するとどのような危険性があるのでしょうか?

出回ってしまうと消すことが不可能

「アップした写真なんてすぐ消えるでしょ」と思っているあなた。

投稿自体は消えますが、その写真を第三者が保存していたり、
スクリーンショットなどをしていたりしたら消せませんよね。
消してくださいと言える範囲もかなり狭いでしょう。
芸能人のゴシップのようにネットの情報はすぐに広範囲に拡がってしまいます。

 

ツイッターで多いのがこの手法ですね。

人のツイートをほかのフォロワーがスクリーンショットしておいて本人が消したあとに揚げ足を取るようにツイートをするというものです。
不適切や不利益な内容に対し、大勢で叩くといったようなもので、
いわゆる“炎上”となるわけです。
ネットトラブルになりますので気をつけましょう。

勝手に商用写真として利用される

とてもおしゃれに撮影されているインスタグラムでの写真や自撮り写真が自分の知らないところで商用写真として出回るケースが近年かなり多くなっています。

カメラ自体の性能がかなり上がってきたこともあり、
商用としてチラシや宣伝に使う業者が後を立ちません。
どこの誰か知らないし、無料で画像を使えるわけですから、商用利用にはもってこい。

女性の被害でよくあるのが、
自分の写真が風俗や出会い系のサイトに掲載されていたという事例です。
多くの人の目に触れられる可能性と、
その人自身がそういったサイトと関係があるように思われてしまうので要注意です。

仮に被害に遭ってしまった場合は自らコンタクトは取らずに
最寄りの警察署に相談し、プロバイダに削除依頼を出しましょう。
ただすんなりと削除出来るとは限らないようですのでご注意を。

さらに実名を公開してしまうと・・・

顔写真だけでも個人情報の流出につながりますが、さらに危ないのが実名の公開。

Facebookから実名が漏れてしまうこともあります。管理は要注意。

 

写真に加え実名を公開すると完全に個人が特定されてしまい、
トラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。
実際、顔写真と名前を使ってインターネット上で調べた時に住所や家族構成まで特定されることもあるのだとか。

内容によっては会社をクビに!?

SNSで実名を使って日常を投稿するのにはある程度のモラルが大切です。しかし、余りにも簡単に情報を公開できることからその危険性がわかりにくくなっています。

数年前にSNSで発信された不適切な写真が原因で飲食店やコンビニが廃業に追い込まれたニュースがありましたよね。写真とアカウントの情報から個人が特定でき、アップした本人は解雇、店舗は閉店、同時に働いていた人たちも職を失うことに。

ネット上には実名、顔写真、住所や学校などが公開され、炎上することに。ほんの軽いく気持ちで投稿したものが人間の人生を狂わす可能性もあります。

犯罪に巻き込まれる可能性も

ネットからはすぐに情報が漏れてしまいます。実名と顔写真を利用して架空のツイッターアカウントを何者かによって作成され、犯罪をほのめかすようなツイートをされたりした場合、真っ先に疑われてしまうでしょう。

 

また、自分が被害に遭うケースも。個人情報を特定され、SNSを通じて執拗な連絡がき、無視したところ、逆恨みやストーカー被害、最悪外傷を加えられる恐れもあります。

自分だけではなく、子供の写真や友人の写真を同じように悪用される可能性があります。

犯罪に巻き込まれてからでは遅いので、アップする前に本当に大丈夫なのか?

必要であればアカウントに鍵をかけるなど対策をしましょう。

まとめ

・写真一枚で情報が特定されてしまう

・ネットは一度拡散すると絶対に消せない

・勝手に商用に利用された場合、個人で消すのは難しい

・実名からはより細かな個人情報特定に繋がる

・最悪、犯罪に巻き込まれる可能性がある

 

写真一つ、実名を名乗っただけで今の時代は個人が特定されてしまいます。

その情報は本当に載せて大丈夫かを今一度問いただしましょう。

ネット・ITの関連記事
  • 【きもい】line既読無視してツイッター更新して文句言う人の心理とは
  • 困ったときの「iPhoneを探す」GPS設定とやり方をチェック!その利点と欠点とは
  • インスタ映えを気にしすぎて気持ち悪い…。食べ物を大事にして!
  • mixiで乗っ取りが流行?レイバンスパムとは?対策はあるの?
  • 子供がソシャゲにはまる理由は? 3つの理由と対応法を伝授!
  • Twitterをレイバン広告に乗っ取られた!ツイートの消し方! 
おすすめの記事