本屋で働けるアルバイトを探している?

このページを見ているということは、
できれば本屋さんで働いてみたいと思っているわけですよね。

本が好きな人なら、一度は考えることだと思います。

どうせ働くなら、自分の好きになれそうなことを、仕事にしたいですよね。

好きなものに関わって視野を広げ、経験を積み重ねるのはいいことです。

 

しかし仕事をするということで、いいこともあれば、嫌なこともあります。

仕事だと、大変でもやらないといけないことも、出てきますよね。

そこで、本屋さんでアルバイトするときの、チェックポイントを伝授しますね。

本屋でアルバイトするメリット

社員価格で本が買える

本屋の規模にもよりますが、社割が効くことがあります。

通常、本は再販売価格維持制度によって、定価が全国一律で定められています。出版されてから年数が経っても、通常の本屋で、安く売られることはそうありません。

中古書店でない本屋で買う以上、定価で買うことになりますが、社員になると割引になることもあります。

新刊情報にいち早く触れられる

常に新刊は入れ替えがあるので、本屋は情報がすぐ入ってきます。

出版社の営業担当と会ったり、広告ポップを書いたりするうちに、新人賞などにも詳しくなると思います。

あとポップを描くのもうまくなってきます。紹介文を書くのも上達します。

売れ筋の人気作も分かるので、陳列などでどれを目立たせれば売れるのかも、把握しやすくなります。

仕事をする上では、情報に敏感になっておくことも大事ですね。

本に常に囲まれるので本好きには天国

本屋に勤めようと思う人には、本が好きな人が多いです。

ありとあらゆる種類の本や雑誌に囲まれるので、本が好きな人は好きなものに囲まれて、忙しい仕事も頑張れます。

仕事をするうちに詳しくなってくるので、欲しい本があったとき、取り寄せたり買うことも手軽です。

「こんな本もあるのか」という変わった本との出会いも多く、知識が増えます。

知識や物語の宝庫なので、楽しく過ごせそうですね。

ほかのスタッフにも本好きがいると思うので、話も弾みそうです。

本屋でアルバイトするデメリット

重くて持ち運びが大変

紙の本を大量に運ぶ必要があるため、力仕事をする機会も多いです。

分厚い本も数冊単位で搬入することになるので台車を使いますが、それでも重いです。

裏の倉庫から本を運んできたり、低いところから高いところへ持ち上げたり、書棚に陳列していったりと、何かと腹筋と背筋に力が入ります。

本を持ち運ぶ機会がかなり多いので、本屋の仕事はほぼ、力仕事といってもいいでしょうね。

無理して肩や腰を痛めないように注意しましょう。

お客さんが来ないときも立って仕事することが多い

本屋のアルバイトの主な業務は、レジ打ちと品出しです。

年齢層を問わず、いろいろなお客さんが来ます。

もちろんお客さんが来たときは、本の場所を聞かれたら案内したり、予約の手続きをしたり、レジ打ちとポイントカードの点数加算を打ち込むなど、対応する必要があります。

図書カードやプリペイドカードなど、覚えることは多いですが、お客さんが少ないときも、やることはあります。

 

予約した本の入荷をチェックする、付録やしおりを挟む、立ち読み防止のOPPテープやシートを巻く、文庫本のブックカバーを補充する、ポップを描くなど、業務内容はたくさんあります。

仕事中は常に何かする必要があるので、忙しいですね。

店内を歩いたりしますし、作業も立ってやることが多いので、とても疲れます。

ほぼ立ち仕事なので、足が鍛えられますね。

自分が興味のない分野の本のことも案内する必要がある

本屋で働く人に本好きが多いといっても、それぞれ読む分野には、好みがありますよね。

もしもマンガが好きでも、受験参考書のことを訊かれたら、対応する必要があります。

文系のことしか分からなくても、理系の本の質問をされるかもしれません。

 

読んだことがない分野の本でも、通りかかればお客さんには質問されます。

違う分野の本棚の担当になったら、その分野のポップを描くには、何冊か本を読む必要もでてきます。

気まずい雰囲気にならないよう、本の場所ぐらいは把握しておきたいですが、スタッフ同士で得意分野を補い合えればいいですね。

まとめ

本屋でアルバイトするメリット

  1. 社員価格で本が買える
  2. 新刊情報にいち早く触れられる
  3. 本に常に囲まれるので本好きには天国

 

本屋でアルバイトするデメリット

  1. 重くて持ち運びが大変
  2. お客さんが来ないときも立って仕事することが多い
  3. 自分が興味のない分野の本のことも案内する必要がある

 

好きなことや楽しいことだけで終わればいいですが、大変なこともあります。

接客業としては時給は特別高い分野ではありませんが、やりがいはありますね。

良いところと悪いところを見比べて、気持ちよく働けたら、最高ですよね。

仕事の関連記事
  • 【必見】営業スマイルができない人へ、緊張しないやり方を徹底解説!
  • 昇進したときの挨拶の掟!スピーチと文章例紹介!社外宛のメールは?
  • 個人年金の確定申告!?やり方と税金の計算法を徹底解説!
  • セブンイレブンのバイトはブラックって本当?残業はどれくらい?
  • 【必見】アップライトピアノにも調律って必要なの?頻度はどれくらい?
  • ティッシュ配りをするには許可がいる!?申請書の書き方教えます
おすすめの記事