今年の夏は猛暑が続き、汗に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

なかでも背中は常にじっとりと湿っているような…。

見えないからこそ「ケアは足りてるかな?」「服の色が変わっていたらどうしよう…」など気になってしまいますね。

 

そもそもどうして背中は汗がかきやすいのでしょうか?

背中の汗の原因、対策を調べましたのでご紹介します。

背中の汗の原因は?

洋服がぺったりと張り付く背中の不快感。

暑くなるとどうしても背中の汗が気になりますね。

しかしどうして背中はすぐ汗でびっしょりとしてしまうのでしょうか?

 

それは背中に汗腺が多いというのが原因です。

汗腺は汗を分泌する皮膚腺で、背中にあるのはエクリン腺というものです。

汗をかくというのは体温調整と小規模な排泄作用があります。

エクリン腺は身体の表面に至るところにあり、特に背中、頭、顔に多いです。

 

発汗するときは99%が水なので無臭ですが、衣服に触れることで雑菌と混ざり臭いが強くなります。

リュックなどを背負っていると、汗が蒸発しにくくなるので雑菌が繁殖しやすいです。

そうなるとなおさら背中の汗の対策はしっかり行っていきたいところ…。

背中の汗の対策を3選ご紹介します。

ミョウバンで発汗・汗の臭いを抑える

背中が汗でじっとりしていると、その不快感だけではなく臭いも気になりますね。

ミョウバンを使えば発汗だけではなく汗の臭いも抑えてくれます。

ミョウバンには消臭作用、殺菌効果、制汗作用が期待できます。

 

作り方としてはまずミョウバン水の原液をつくります。

500mlのペットボトルにミョウバン15g入れたら、水をペットボトルいっぱいいっぱいに注ぎます。

完全に混ぜる必要があるので透明になるまで振るか、数時間常温保存して透明になるまで待つかしましょう。

この原液をお風呂に50ml前後加えます。

ミョウバンには肌を引き締める効果があることから、背中の汗腺が引き締まって汗が出にくくなるそうです。

 

ミョウバンは水に溶かすと酸性になります。

「汗はアルカリ性だから効果があるの?」と思われるかもしれませんが、基本的に汗は弱酸性です。

しかしワキガの人や肥満体型、普段から運動不足や体質で汗をかきなれていない人は、汗に重炭酸イオンやたんぱく質、皮脂、アンモニアなどが含まれているためアルカリ性の傾向になります。

つまりそういった人たちに対して、ミョウバンはより一層効果を示します。

塩化アルミニウム液で長期的に背中の汗を抑える

塩化アルミニウム液は大量に汗をかく体質の人でも1度塗れば7~10日は汗を止める作用があります。

汗腺を結晶で埋めて汗を止める効果があり、継続的に塗ることで汗をかきにくい体質になる人もいるそうです。

 

塩化アルミニウム液は医薬品のため多くは病院で処方箋をもらって購入するものですが、通販でも30mlで1000円程度、100mlで3000円程度で販売されています。

塩化アルミニウムの効果は強力なため、日本で販売されている制汗デオドラントには入っていることはないかと思います。

海外製の制汗デオドラントなら塩化アルミニウムが入っているものもあるので、そういったものを通販で探すのもいいかもしれません。

 

気を付けなければいけないのは強力な効果を発揮する故、肌が弱い人には刺激が強すぎるかと思います。

皮膚がかぶれてしまったりする可能性があるので慎重に用いります。

運動と食生活を見直して背中の汗をかきにくくしよう

上記では即効性のあるものをご紹介しましたが、運動と食生活を見直すことで汗がかきにくくなります。

背中に汗をかきやすい人は体温調節機能が低下している傾向にある場合があります。

体温調節が上手にできないことで無駄に汗をかいている可能性があるのです。

 

今年は特に猛暑だったため冷房を朝から晩までつけたり、運動を控えている人は多いかと思います。

しかし常に涼しい場所にいることで体温調節機能が低下してしまいます。

そうなると多少の暑さで大量の汗が出たり、身体が火照って熱中症になりやすくなったりといった弊害が起こります。

そのため暑いときに身体を冷やすものばかり食べたり、完全に運動を控えたりするのは効果的とはいえません。

 

運動や食事のなかで暑い日でも汗をかくようにすると効果的です。

体内の体温調節機能を向上させることで大量に汗をかくのを防げたり、体臭を軽減できます。

まとめ


 

・ワキガの人や肥満体型、汗をかきなれていない人はアルカリ性の汗をかく傾向がある。

・アルカリ性の汗には酸性のミョウバンが効果的。

・塩化アルミニウム液は多汗症の人にも強力な効果を示す。

・生活を見直すことで汗を出にくくする。

 

汗が背中につたうとなんとも言えない不快感がありますね。

制汗スプレーなどでは気休めにならない人も多いのではないでしょうか。

即効性のあるものを使用すると同時に日常生活を見直すことで汗をかきにくくなりその不快感が減るかと思います。

健康の関連記事
  • 【必見】昼にいきなり眠くなる原因は何?眠気に打ち勝つ4つの対処法教えます!
  • 足の指の間の汗かきの原因とは?汗をかきやすい人の特徴と対策!
  • 背中の汗かきの原因とは?汗をかきやすい人の特徴と対策2つ!
  • 正座を長時間しても血流を滞らせない!足のしびれの原因と対策
  • 硫酸銅の毒性・致死量は?食品添加物としての使い方は?
  • 中指が痛い!原因は腱鞘炎?それとも病気?考えられる原因と対処法を紹介!
おすすめの記事