ご不幸は悲しい事ですが新しい命の誕生はとても喜ばしいこと!

ささやかでも出産祝いを贈りたいものですよね。

 

ここで気になるのは、このような状況になった時お祝いを贈りたい場合はどうすればよいのか。

 

お祝いしたいけれど…デリケートな問題だし、そう思うと色々心配になってしまいます。

 

「出産をした友達の親族が亡くなったらしい。出産祝いはやめておくべき?

「喪中の時はお祝い事は避けるって聞くけど、出産祝いも贈っちゃいけないの?

 

このように、身内の不幸と出産祝いが近い時期に重なってしまった場合、どうすれば失礼のないように出産祝いを贈れるか、今回は紹介していきたいと思います!

喪中の時ってお祝いできないの?

 


 

 

一般的には49日までを忌中、1年間を喪中といいます。

 

喪中とは悲しみを乗り越える期間の事で、約1年間かけて元通りに戻る期間だと思ってください。

 

また、期間にとらわれず心の整理がつくまで喪中という事にもなるので、負担にならないように喪中の方への配慮も必要かもしれません。

 

喪中の中でも特に忌中はたとえ挨拶分でも出さないのが基本です。

 

結婚式の出席や神社への参拝、年始参りも避け、静かに過ごす期間でもあるのです。

 

実際49日の法要が済むまでは気持ちとしても落ち着かないため、バタバタしてしまいます。

 

相手の事も考えると贈り物をするなら法要が済んだあと、つまり忌明けに贈ることが好ましいといえるでしょう

 

出産祝いは早く贈りたいと思うかもしれません。

 

ですがお祝いをするのに遅れてしまう事は気にしないでください。

 

贈り物をするのに早いも遅いも関係ないのです。

 

あくまで気持ちが伝われば十分相手も分かってくれると思います。

 

もし遅れる事が気になるのなら、相手に事情を説明しておく事もありかもしれませんね。

 

喪中のお祝いでは気遣いの心を忘れずに

 


 

あくまで相手の方に不幸があったこともふまえて、贈る時は考えて贈らなければなりません。

 

また出産祝いは地域によっては1カ月以内とされていますが、喪中の場合この限りがありません。

 

忘れてはいけない事は、お祝い事とお悔やみ事が同時に起こった場合お悔やみ事を優先します。

 

何より突然の不幸に心を痛めている時なので、お祝いどころではなくなっている事も多いはずです。

 

先ほどと同じ事を言うようですが…私としては出産祝いは時期よりも、お祝いしてあげたいと思う気持ちのほうが大事な気がします。

 

贈り物をする時は一言気遣いの言葉を添えるという事もOKです。

 

最低限のマナーを守って形にとらわれず、気持ちよく贈りたいものですね。

 

喪中のときには贈り物にも配慮が必要

 


 

出産祝いは相手とよほど親しい場合を除いては自宅へ配送する方法がベストですが、送った際に連絡するかしないかは悩むところ。

 

連絡しない方がサプライズ感はありますが、育児で忙しく新しい生活に慣れるまで、ストレスの感じやすい時です。

 

突然郵便物が届いたら迷惑ではないかと考えてしまいます。

 

私だったら、送った事をメールで知らせて「返事は大丈夫だからね」と、返信不要という事も伝えちゃいます!

 

連絡するかしないかに特別なルールはありません。

 

相手の性格や事情などよく考えたうえで決めると良いでしょう。

 

 

また喪中の人へお祝いを贈る場合、贈る物にも注意が必要です。

不幸を連想させてしまうものはNG。

 

例えば「縁を切る」につながる刃物、ご遺体の顔にかける時に使う白いハンカチなど…出産祝いなのでベビー用品を贈る方がほとんどかと思いますが。

 

喪中の時は贈ってはいけないものがあるという事を覚えておきましょう。

 

まとめ

 


 

  1. 贈るべきタイミングは49日の法要が済んだあとだが、相手の気持ちの整理がつくまでが望ましい。

 

  1. 出産祝いは少々遅れても大丈夫!最低限のマナーを守って、お祝いしてあげたいという気持ちと相手への気遣いが大切。

 

  1. 贈り方は宅配便が一般的。送ったら連絡をするかしないかよく考えておくこと。不幸を連想させてしまうものはNG。

     

 

喪中の考えは人それぞれですが、最低限のマナーを覚えておくとよいでしょう。

 

「失礼のないようにしなくちゃ!」って思う気持ちが大きければ大きくなるほど、お祝いする気持ちが薄れてしまっては元も子もありません…。

 

先延ばしにしても構いません!

万が一贈る時期を逃してしまって1年近く経っている場合は、1歳の誕生日にあわせて「初誕生日祝い」として贈りましょう!

 

どうしても気にかける事が多くなってしまって不安になる気持ちも少なからずあるでしょう。

 

そんな時は相手の気持ちになって考えてみるのも1つの手です。

最低限のマナーを守りつつ、出産という喜ばしい事には心からの「おめでとう」という気持ちがあるだけで…相手にはしっかり伝わる事を忘れないでくださいね。

風習の関連記事
  • 喪中でもお祝いしてあげたい!失礼のない出産祝いの贈り方とは?
  • 年男年女の意味とは?縁起はいい?悪い?間違えやすい厄年の場合は?
  • 夏祭りの屋台料理は汚いって本当!?要注意の食べ物とは?
おすすめの記事