海外旅行でどこに行くにも気になるのが、その国のトイレ事情ですよね。

特にモンゴルでは草原に泊まることもあるので、心配に思っている人もいるでしょう。

キレイなのか、汚いのか?どうやって使えばいいのか?

 

今回はモンゴルのトイレ事情を、場所別に解説していきます。

これからモンゴルに行く人、次の旅行にモンゴルを検討している人は必見です!

ウランバートルのトイレ事情

 

持って行くもの

・ポケットティッシュ(必須)

・ウェットティッシュ/除菌シート(あると心強い)

 

ウランバートルは、モンゴルの首都。

最近ではキレイな商業施設や高いビルが建つようになり、首都らしさもアップしました。

 

そんなウランバートルを観光中に、トイレに行きたくなったら。

デパートやカフェ、ホテルのトイレを使うといいでしょう。

日本と変わらず、洋式の水洗トイレを使うことができます。

 

基本的に、トイレットペーパーは置いてありません。

新しいデパートやホテルならあるかもしれませんが、「あればラッキー」くらいに思っておきましょう。

 

キレイか汚いか…これは何とも言えません。

東南アジアもそうですが、モンゴルのトイレでもトイレットペーパーを流すことは厳禁。

トイレットペーパーは、備え付けのゴミ箱に捨てます。

このゴミ箱がいっぱいになって溢れていたり、トイレットペーパーが床に散らばっていることがあるかも。

ですが使えないほど汚いということはありませんよ。

 

トイレのドアをふと見ると、「便座にまたがらないで下さい」という張り紙があったりします。

たまにいるみたいですね、洋式の便座に土足であがり、しゃがんで用を足すという人が。

個室のドアを開けたら、まず便座が汚れていないかを確認してください。

もしも汚れていたら、ウェットティッシュなどで拭き取ってから使いましょう。

草原のゲルのトイレ事情

 


 

持って行くもの

・ポケットティッシュ(必須)

・ウェットティッシュ(手拭用)

・小さいビニール袋(女性で必要のある人)

・懐中電灯など(使うことがあるかも)

 

ツーリストキャンプに行く人は、特に心配はありません。

水洗のトイレが用意され、紙も備え付けられているところがほとんどです。

問題は、遊牧民のゲルに体験ホームステイなどをする人。

 

観光客を宿泊させるということで、ある程度整ったトイレ環境を用意しているところもあります。

ですが、期待は禁物です!

 

遊牧民のトイレは基本的に、大きな穴を掘ってその上に板が渡してあるというだけのもの。

ホームステイを受け入れているゲルなら囲いはあると思いますが、3方向だけのドアなしというスタイルが主流です。

「丸見えじゃん!」と思うでしょうが、そもそも人が通ることは稀。

見られる心配は、それほどないと思います。

 

使い方は、とても簡単。

用を足したら、紙を穴に捨てるだけ。

女性で必要のある人は、小さいビニール袋に入れて後でゴミ箱に捨てましょう。

 

さて、ゲルのトイレで気をつけたいのが、ポケットの中のもの。

穴に落としてしまっては…諦めるしかありません。

大事なものは落ちないような場所に入れるか、外に置いておくといいですね。

 

それから、ゲルのトイレには電気はありません。

夜にトイレに行きたくなったら、懐中電灯が必要になります。

ですが夏のモンゴルは9時頃まで明るいので、そこまで気にしなくても大丈夫かも。

月が出ていれば、月明かりだけでも十分です。

 

私はこのタイプのトイレに遭遇したことはありません。

ですがひとつわかるのは、絶対に下を見てはいけないということ。

壁のないほうに顔を向けていれば、ニオイも多少は和らぐのではないでしょうか。

モンゴルのびっくりトイレ常識

 

私がモンゴルに住んでいたのは、10年近く前。

その頃のウランバートルにはまだ新しく建つビルもなく、ファストフードやカフェもありませんでした。

 

そんなウランバートルの街中で私がよく目にしたのは、野トイレをするモンゴル人の姿。

男性はもちろんですが、成人女性もしているのにはびっくり。

しかも、その隣には恋人らしき男性が…ショックでした。

 

トイレの個室に、女性が2人で入ることもあります。

この件については、いろいろなモンゴル人に意見を聞きました。

するとほとんどのモンゴル人が「問題ない」と回答。

「ひとりで入るのは寂しい」「用を足している間も話をしたい」とのこと。

 

10年経った今では、モンゴル人のトイレ常識も変わっているかもしれません。

ですがもしも見かけたら、あまり注目しないようにしてくださいね。

まとめ

 


 

・ウランバートル市内なら、トイレットペーパー以外は問題ない

・遊牧民のゲルに行くのなら、それなりの準備と覚悟が必要

・モンゴル人のトイレ常識は私たちと異なることも

 

遊牧民のゲルにホームステイする人意外、さほど心配はいりません。

もしもトイレがちょっとくらい汚くても…そんなことは、雄大な草原の前では小さい問題です。

ですが、備えあれば憂いなし!

持っていきたいものはかさばる物ではないので、きちんとバッグに入れておきましょう。

海外・外国情報の関連記事
  • 【必見】北朝鮮ツアーのナゾに迫る!ホテルの相場は?気になる安全性も…
  • 謎の国「北朝鮮」の女性のファッションのフシギ。モテる格好はあるのか?
  • 北朝鮮旅行で絶対食べるべき名物料理は?ベスト3を大発表!
  • 北朝鮮の「真実」人々の生活レベルは?驚きの貧富の差、その実態…
  • 音楽を聞くだけで処罰?北朝鮮のえげつない法律を徹底解説!
  • 【驚愕】モンゴルのトイレ事情を徹底解説!衛生面や使い方は場所によって違う
おすすめの記事